タイムスリップ六本木

エアコン取付け工事でなぜか力を貸す羽目になり、
人生初のぎっくり腰を体験しました。
しかもマンション8階のベランダ、不安定な足場で脚立に乗せられそうになり、
新しいエアコンの風を感じる前に、自分が千の風になるところでした。

 

そんなぎっくり腰デビューを果たす数日前、
母と六本木の国立新美術館で開催している「ミュシャ展」へ行ってきました。

私は初期のアールヌーボーな絵が好きなのですが、
今回の目玉である「スラヴ叙事詩」も、圧っっ倒的な迫力ですばらしかったです。
写真撮影OKの絵があったので、何枚か。

予想以上に人が多すぎて、全体をきれいに撮れず残念…!
人物ひとりひとりに存在感があり、時間が許せば何時間でも見ていられます。

 

六本木を訪れたのは、ミュシャ展以外にもうひとつ目的があったのです。

母は若い頃、六本木交差点のアマンド付近の雑貨屋で働いていました。
母にとっては青春の想い出がたくさん詰まった場所。
それから50年。
「六本木の町がどんな風に変わったのか見てみたい。」
最近そんなことを口にするようになりました。

母は足腰が弱く、長い距離を歩けません。
そのため普段からあまり外出をしないのですが、
今後は出歩くことがもっと困難になるかもしれません。
今回ミュシャ展もありいい機会だったので、半ば強引に連れ出しました。

50年ぶりの六本木は、がらっと変わってしまったそうです。
「まったく知らない町に来ちゃったみたいね。」
当時防衛庁だったミッドタウンを眺めつつ、
少し寂しげに、でもどこか吹っ切れたように呟く母。
母にとっては心身ともに刺激の多い一日だったと思いますが、連れてきてよかったかな、と思っています。

 

50年後、自分はどこに戻ってみたくなるのか。
どんな気持ちでその地を眺めるのか…。
ぎっくり腰をさすりながら、未来の自分に思いを馳せるのでした。

運動しなきゃ!